Concept

 サクラホームが提案する住まいカタチ、

それはいつも愛情のカタチです。

家はなにも、ずっと暮らし継がなければいけないと決まったわけではありません。

ですが、サクラホームは今日まで、

「ずっと暮らし継いでいきたい。」と言っていただける家を建ててきました。

それは、お客様一人ひとりに「愛していただける家」だから。

お客さまとそのご家族が世代を超えてずっと暮らし継いでいただける家を目指して、

サクラホームはこれからも「愛していただける家」を提案していきます。

 


家族の安心と資産価値を高める

2×4工法

ツーバイフォー工法とは、屋根・壁・床を頑強な面でつくり、6面体で
空間を構成する「モノック構造」により耐震性、耐火性、断熱・機密性
などの性能を追求した安全で快適な工法です。また北米式ですが、
木造のため日本の気候環境にもマッチし、ここ数年、全国で年間約10万戸が
建設されています。設計・生産の品質が確保しやすく、環境にも人にも
愛される木の住まいです。

詳しくはこちら>>>>>一般社団法人 日本ツーバイフォー建築協会

 


こころにも暮らしにも地球にゆとりを

ECO性能

サクラホームでは、日照や風向き、景観など、建てる敷地の条件や周辺
環境を考えて自然のちから活用した家づくりをしてきました。
また、CO2を吸収する木の家に永く住み継いでいただくことへのこだわり
「太陽光発電システム」や「オール電化」独自開発した、今までにない
コストパフォーマンスと快適性を実現する床暖房「エコホットシート」など
地球にも、暮らしにも、人のこころにも愛のある家をこれからも、ご提案
していきます。

エコホットシート>>>>>